より良い生活空間を実現するために必要な要素と発展

地震を予防する

耐震リフォームを行うメリットについて

耐震強度に不安がある場合には、耐震リフォームで補強することが可能です。耐震診断の結果に構造に大きな欠陥がある場合には、建替えしたほうが安心ですが、不満解消であれば、リフォームで十分な場合があります。この先 耐震リフォームのメリットとしては、愛着のあるものを残して改装することができるため、今よりも住み心地が良くなります。また、住みながらリフォームできる場合もあります。耐震リフォームでは、ただ家屋に強度を持たせるのではなく、人命や財産を守るための工事です。震災に備える安心・安全を両立させつつ快適に過ごせるようにリフォームすることが可能です。また、高齢者のためのリフォームの場合には、自治体が費用を負担してくれるシステムがある地域もあります。

耐震リフォームにかかる費用について

耐震リフォームでは、50万円以下、51万円から100万円、101万円以上と価格帯に分かれます。家の状態などによって費用は大きく異なります。構造に手入れをせずに補強を行う場合には、100万円以下で施工できることが多いです。それ以上に補強が必要になる場合には、それなりの費用が必要になります。一般的な木造住宅での耐震診断は10万円程度でできるため、一度診断を受けてから必要に応じて耐震リフォームを行うことです。 50万円以下の価格帯では、壁に筋交いを設置する補強や耐震金物の取り付けなどが行えます。50万円から100万円の価格帯では、金属製の補強材を設置する工事や耐震パネルでの補強工事などを行うことが可能です。

Copyright (c) 2015 より良い生活空間を実現するために必要な要素と発展 all reserved.