より良い生活空間を実現するために必要な要素と発展

建設とリフォーム

工事は普段の生活と同時進行

住宅を購入し10年20年と住んでいると設備の老朽化が目に付いたり、新機能を備えた製品を知ったりしてリフォームを検討するタイミングが生まれます。初めてリフォームを考えるときに、住宅を購入したときと同じと思うと問題が出てきます。基本的に、住宅の購入は今住んでいるのと別のものになりますが、リフォームの場合は今の家で生活しながらの工事が基本になるので、工事期間中は作業時の騒音、資材の搬入や業者の出入りなどのストレスがあることを理解する必要があります。工事箇所の片付けだけでなく、業者の移動通路や部材や工事器具の置き場所や天気による影響の有り無しなど直接工事と関係ないことも気が付いたことを確認することで不測のトラブルを防ぐことが出来ます。

事前に対策でトラブル回避

リフォームは普段の生活と工事が同じ時間と空間で行われます。特にシステムバスやシステムキッチン、トイレは事前の準備が大事になります。トイレの場合ですと庭のある家ならば、仮設トイレを設置すれば大きな問題はありません。そうでない場合は付近で事前に探す必要があります。またキッチンの場合ですと工事期間中は料理が出来なくなりますので、冷蔵庫の中身を事前に使い切るなどの工夫が要ります。工事期間が事前に打ち合わせた通りにならない場合があります。部品の遅れや想定外の追加工事の影響によって期間が長引く場合もあります。期間中のお風呂は有料の入浴施設を利用することが手軽ですが、長引けば余分にかかります。その場合の費用の保証があるかを事前にリフォーム業者と確認することでトラブルを防ぐことが出来ます。

Copyright (c) 2015 より良い生活空間を実現するために必要な要素と発展 all reserved.